メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


裁判員制度トップページ > ● 裁判所に行く日の通知文書の中に『この「お知らせ」は〜「呼出状」に該当する書面です』とあり,「呼出状」という言い方に抵抗を感じるのですが,どのような意味なのでしょうか。

● 裁判所に行く日の通知文書の中に『この「お知らせ」は〜「呼出状」に該当する書面です』とあり,「呼出状」という言い方に抵抗を感じるのですが,どのような意味なのでしょうか。

裁判員法27条1項は,裁判所は,裁判員選任手続に裁判員候補者を呼び出さなければならないと定めており,同条2項は,この呼出しは「呼出状の送達によってする」ことと定めています。
裁判員候補者として呼出しを受けたにもかかわらず,正当な理由もなく裁判所に来られない場合には,10万円以下の過料に処せられることがあります(「裁判員候補者として呼出しを受けたにもかかわらず,裁判所に行かないと,罰せられるのですか。」のQ&Aをご参照ください。)。
「呼出状」は,このような法的効果を生じさせる書面であり,そのことを確実に裁判員候補者の方にお知らせする必要があるので,選任手続期日にお越しいただくための書面には「呼出状」であることを明示する必要があると考えています。
このような理由から,裁判所にお越しいただく日の通知文書には「裁判員等選任手続期日のお知らせ」という分かりやすい表題を付けますが,【注意事項】欄において「呼出状」に該当する書面であることを明示しています。
ちなみに,「呼出し」や「呼出状」という用語は,民事訴訟の当事者や証人に対する呼出しなど,他の法律にも多く規定されています。