メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


裁判員制度トップページ > ○ 裁判員候補者名簿に登録されたら,必ず裁判所に行くことになるのですか。

○ 裁判員候補者名簿に登録されたら,必ず裁判所に行くことになるのですか。

 裁判員候補者名簿に登録された方には,毎年11月ころに,名簿に登録されたことの通知(名簿記載通知)が送付されます。この通知は,翌年,裁判員になる可能性があることを事前にお伝えし,予め心づもりをしていただくために送付されるものです。この段階では,まだ具体的な事件の裁判員候補者に選ばれたわけではありませんので,すぐに裁判所にお越しいただく必要はありません。
 裁判員裁判の対象となる事件が地方裁判所に起訴されると,裁判員候補者名簿からくじで選ばれた方に,裁判所にお越しいただくためのお知らせ(「選任手続期日のお知らせ」)を送付します。ですから,裁判員候補者名簿に登録されても,くじで選ばれなければ,裁判所にお越しいただく必要はありません。
 加えて,調査票や質問票を利用して(調査票や質問票で何をお聞きするかについては,「調査票や質問票で尋ねられる内容はどのようなものですか。」のQ&Aを参照してください。),予め国民の皆さんのご都合をうかがい,明らかに裁判員になることができない方や辞退事由が認められる裁判員候補者の方にまで,裁判所にお越しいただくことのないよう,皆さんの負担を十分考慮した柔軟な運用をしています。具体的には,(1)裁判員候補者名簿に登録され,実際の事件の裁判員候補者としていったんくじで選ばれたとしても,予め記入いただいた調査票の記載内容を基に裁判員の職務に就くことができない方であることが判明したり,裁判所が辞退を認めた場合には,裁判所にお越しいただく必要はありません。また,(2)くじで選ばれて「選任手続期日のお知らせ」を受け取った方についても,裁判所が質問票に記入していただいた内容を基に辞退を認めた場合には,裁判所にお越しいただく必要がなくなった旨を改めてご連絡します。
 なお,裁判員候補者名簿は1年ごとに作成されますので,1年間が経過すれば裁判員候補者ではなくなります(いつまで「選任手続期日のお知らせ」が届く可能性があるのかについては,「裁判員候補者名簿に登録された場合には,その名簿を基にいつからいつまで裁判所に呼ばれる可能性があるのですか。」のQ&Aを参照してください。)。
 もっとも,翌年以降,裁判員候補者名簿に再び登録される可能性はありますが,この場合でも,一定の場合には辞退の申立てをすることができます(詳しくは「一度裁判員に選ばれても,再び選ばれることがあるのですか。」のQ&Aを参照してください。)。