メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


裁判員制度トップページ > ● 裁判の迅速化は,誤審につながるのではないですか(じっくり考える必要があるのではないですか。)。

● 裁判の迅速化は,誤審につながるのではないですか(じっくり考える必要があるのではないですか。)。

刑事裁判は,人権に深く関わるものであり,社会の安定を図るためにも不可欠なものであって,適正かつ迅速に行わなければなりません。
裁判員の参加する裁判でも,他の刑事裁判と同様に,充実した審理を迅速に行うことが要請されます。そこで,裁判員の参加する裁判では,すべての事件で公判前整理手続を行い,充実した公判を迅速に行うための準備をすることになっています。公判前整理手続では,その事件の争点は何か,争点を証明するために最も適切な証拠は何か,その証拠をどのような方法で取り調べることが最も分かりやすいかなどについて,裁判所,検察官,弁護人が相談します。その上で,審理を行う日程を調整し,判決までのスケジュールを立てます。こうした準備を十分にした上で審理を行いますので,裁判員として裁判に参加する国民の皆さんにも,審理の内容をよく理解していただけると思いますし,評議に必要な時間は十分確保しますので,議論を尽くした上で判断していただけると考えています。