メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


裁判員制度トップページ > 平成21年5月21日,裁判員制度が始まりました(2009.5)

平成21年5月21日,裁判員制度が始まりました(2009.5)

○ 平成21年5月21日,裁判員制度が始まりました。全国の50の地方裁判所及び10の地方裁判所支部(立川,小田原,沼津,浜松,松本,堺,姫路,岡崎,小倉,郡山)で裁判員裁判が実施されます。

○ 対象となるのは,平成21年5月21日以降に起訴された殺人などの一定の重大犯罪です(対象事件については,裁判員制度Q&Aの「裁判員制度ではどんな事件の裁判をするのですか。」を参照してください。)。各裁判所は,対象事件ごとに裁判員候補者名簿に登録された方の中からくじで「裁判員候補者」を選び,「裁判員等選任手続期日のお知らせ(呼出状)」や「質問票」などの書類を,裁判員を選ぶための手続が行われる日の6週間前までに封書でお送りします(裁判員に選ばれるまでの手続の流れについては,裁判員の選ばれ方をご覧ください。)。
 なお,これらの書類を実際にお送りするのは,6月ころ以降になると見込まれています。

○ 具体的な事件の裁判員候補者に選ばれた方にお送りする書類等の全体イメージ(モデル例)については,「具体的な事件の裁判員候補者に選ばれた方にお送りする書類等の全体イメージ(モデル例)をお知らせします」をご覧ください。

※ 裁判員制度Q&Aのコーナーでは,裁判員制度に関する様々な疑問にお答えしています。

※ 裁判所を騙った不審な電話・郵便等にご注意ください。
 具体的な事件の裁判員候補者に選ばれたことのお知らせは,お越しいただく裁判所から,裁判所の名称の入った封筒に入れられた形で郵便で送られます。電話やはがき,メール等でお知らせすることはありません。また,裁判所からお送りする「裁判員等選任手続期日のお知らせ(呼出状)」には,公印が押印されています。
 なお,今年の裁判員候補者名簿に登録された方には,昨年の11月下旬から12月までに名簿に登録されたことのお知らせをお送りしており(詳しくは,「名簿記載通知について」のコーナーをご覧ください。),このお知らせを受けていない場合,具体的な事件の裁判員候補者に選ばれることはありません。裁判員候補者名簿に登録されたことのお知らせを受けていないにもかかわらず,裁判所に来てほしい,アンケートに協力してほしいなど不審な電話等があった場合には,十分ご注意ください。
 その他,裁判所では,電話やはがき,メール等により金銭の支払等を求めたりするような手続も行っていませんので,不審な電話等にはくれぐれもご注意ください。