メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


裁判員制度トップページ > 裁判員候補者であることを公にすることは法律上禁止されていますので,ご注意ください

裁判員候補者であることを公にすることは法律上禁止されていますので,ご注意ください

○ 裁判員候補者になられた方への接触や働きかけを防ぎ,裁判員候補者自身のプライバシーや生活の平穏を保護するため,裁判員候補者であることを公にすることは,法律上禁止されています(裁判員法101条1項前段)ので,ご注意ください。
 
○ 「公にする」とは,インターネット上のホームページ,ブログ及びSNS等で公表するなど,裁判員候補者であることを不特定多数の人が知ることのできる状態にすることをいいます。
 他人による場合だけでなく,裁判員候補者自らが,自己の氏名が明らかとなっている状態の名簿記載通知の写真をインターネット上に掲載するなどの行為も,「公にする」ことにあたりますのでご注意ください。
 また,裁判員候補者本人の同意がある場合でも,第三者が公表することも禁止されています。
 なお,休暇を取ったり,相談をしたりするために会社の上司や同僚,家族に話をし,書類を見せることは問題ありません。

○ 裁判所にお越しいただき選任手続に参加されたものの,くじ等により裁判員に選ばれなかった裁判員候補者の方については,裁判員候補者名簿から除かれ,同じ年に別の事件の裁判員候補者に選ばれることはありませんので,本人の同意があれば,裁判員候補者であったことを公にしても問題ありません。
 一方,裁判所にお越しいただき選任手続に参加された場合であっても,辞退が認められた方については,裁判員候補者名簿から除かれず,同じ年に別の事件の裁判員候補者に選ばれる可能性がありますので,本人の同意があっても,裁判員候補者であることを公にすることは禁止されています(選任手続期日に先立って,事前に辞退が認められた方も同様です。)。

○ なお,裁判員や補充裁判員であることを公にすることも法律上禁止されています。詳しくは「裁判員や補充裁判員であることを公にすることは法律上禁止されていますので,ご注意ください」をご覧ください。