メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


裁判員制度トップページ > 裁判員や補充裁判員であることを公にすることは法律上禁止されていますので,ご注意ください

裁判員や補充裁判員であることを公にすることは法律上禁止されていますので,ご注意ください

○ 裁判員または補充裁判員(以下「裁判員等」といいます。)になられた方への接触や働きかけを防ぎ,裁判員等自身のプライバシーや生活の平穏を保護するため,裁判員等であることを公にすることは,法律上禁止されています(裁判員法101条1項前段)ので,ご注意ください。
 
○ 「公にする」とは,インターネット上のホームページ,ブログ及びSNS等で公表するなど,裁判員等であることを不特定多数の人が知ることのできる状態にすることをいいます。
 裁判員等が自ら公表すること,及び裁判員等の同意を得て第三者が公表することのいずれも禁止されていますのでご注意ください。

○ 一方,裁判員等としての任務を終えた後に,裁判員等であったことを公にすることは,本人の同意があれば,禁止されていません。例えば,裁判員等であった方が,ご自身の意思で判決宣告後に記者会見に参加することは,問題ありません。

○ なお,裁判員候補者であることを公にすることも法律上禁止されています。詳しくは「裁判員候補者であることを公にすることは法律上禁止されていますので,ご注意ください」をご覧ください。