メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


裁判員制度トップページ > ○ 裁判員になったらどのくらいの資料を見なくてはならないのですか。

○ 裁判員になったらどのくらいの資料を見なくてはならないのですか。

裁判実務の専門家でない国民の皆さんが刑事裁判に参加するのですから,争点の判断に必要な証拠を厳選して証拠調べを行い,できる限り,法廷での審理を見たり聞いたりするだけで事件の内容を理解できるような審理を行いたいと考えています。また,検察官や弁護人は,裁判員に分かりやすい立証や弁論をするよう努めなければならないこととされています。したがって,裁判員が,多くの書類を一つ一つ読み込まなければならないということはありません。