メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


裁判員制度トップページ > ● 予定されていた審理期間が延びた場合はどうなるのですか。

● 予定されていた審理期間が延びた場合はどうなるのですか。

審理期間については,公判前整理手続において,裁判所と検察官及び弁護人が協議をして,審理の進行について綿密な計画を立てますので,基本的に,審理期間が延びることはないと考えています。万一,審理期間が延びた場合,改めて裁判員の都合をお聞きすることになりますが,もし辞退事由に当たるような支障がある場合には,辞任の申立てをすることができます。