メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


裁判員制度トップページ > ○ 裁判員には,守秘義務が課されると聞いていますが,他人から事件に関する情報を尋ねられたりすると,守秘義務を守れるか不安なのですが。

○ 裁判員には,守秘義務が課されると聞いていますが,他人から事件に関する情報を尋ねられたりすると,守秘義務を守れるか不安なのですが。

 判決の宣告前は,何人も,事件に関して裁判員に接触することは一切禁止されており,事件に関する情報を尋ねることも許されません。
 また,判決宣告後も,評議の秘密や,法廷で明らかにされていない関係者のプライバシーなど,裁判員が話してはいけない事柄,つまり守秘義務の対象となる事柄を尋ねるために裁判員に接触することは許されません(万一 尋ねられても,そのような事柄については話さないようにしてください。)。もっとも,事件に関する情報でも,法廷で明らかにされた事情や裁判員を経験した意見・感想は守秘義務の対象外であり,自由にお話しいただいて一向に構いません。
 なお,裁判終了後の記者会見における発言については,「裁判員経験者が記者会見で審理に参加した経験を話すことは,守秘義務違反にはならないのですか。」のQ&Aをご参照ください。