メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


裁判員制度トップページ > 資料集 > 裁判員制度広報に関する懇談会(第1回)

裁判員制度広報に関する懇談会(第1回)

1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 次へ

日時
平成16年7月22日(木)午後1時30分から3時30分
場所
最高裁判所大会議室
出席者
(委 員)篠田節子,平木典子,藤原まり子,吉田弘正,渡辺雅昭(五十音順・敬称略)
(裁判所)竹崎事務総長,小池審議官,戸倉人事局参事官,中村総務局第一課長,小林総務局付,今崎刑事局第一課長,大須賀広報課付

進行予定

  1. 開会
  2. 事務総長あいさつ
  3. 出席者紹介
  4. 会議の公開等
  5. 裁判員制度の概略に関する説明
  6. 意見交換
  7. 次回以降の日程の確認
  8. 閉会

席上配付資料

  1. 裁判員制度広報に関する懇談会・第1回進行予定
  2. 意見をお聞きしたい点 −国民の積極的な参加を実現するために−
    ・裁判員制度に対する国民の認識についてどのように考えるべきか
    ・裁判員制度について特にどのような事柄を広く伝えていくべきか
    ・制度施行までの期間(約5年)にどのような方針を立てて広報活動を行っていくべきか
    ・広報活動を進めるに当たりどのような点を考慮すべきか
      ・情報発信の目的と情報の受け手の関係についてどのような点を考慮すべきか
      ・政府広報との連携についてどのような点を考慮すべきか
      ・マスコミ等による広報活動との関係についてどのような工夫が考えられるか
      ・効果的な広報の手法や方法としてどのようなものが考えられるか
    ・その他
  3. 井田良委員のご意見等(7月21日に委員からお聞きしたものの要旨)
    ・資料10の世論調査の結果を見て,「名称は知っている」「知らない」の割合が多いことに驚いた。この状態から制度導入の趣旨・目的を理解して積極的に参加してもらえるようにするのはかなり大変なことだと思う。
    ・裁判員それぞれの経験が裁判員としての職務にどのように生かされるかということをPRすべきだろう。
    例えば,主婦として家事をやり子供を育ててきた経験が,事件のこのような場面に役に立つといったような具体性をもった事柄を紹介することも必要ではないか。
    ・一番分かりやすいのはビデオなどのビジュアルなものだろう。学生から刑事手続の講義をずっと聞いているよりビデオを見た方がよく理解できるところがあると言われることがある。
    ・以前,ドイツ在住の親戚が参審員になったときに持っていた手引のような冊子を見せてもらったが,大変によくできた冊子であった。刑法の入門のような内容が書いてあり,大学でも使えそうだと思ったくらいである。
    ・ドイツのように国民の意識の中に裁判に参加することが根付いていればよいが,日本にはそれがない状況である。新しい文化を作るようなものなので,直球を投げ込むようにまっすぐにしっかりと広報に取り組んでいかねばならないだろう。印象に訴えるものはかえって国民を誤解を与えることにもなりかねない。
  4. 裁判員の参加する法廷のイメージ写真

配付資料

資料1
 通常事件と裁判員の参加する事件の手続の流れ(13KB)
資料2
 刑事事件の概況(17KB)
資料3
 裁判員選任手続の概要(401KB)
資料4−1
 裁判員の職務の内容など(24KB)
資料4−2
 裁判員の資格に関する事項(14KB)
資料5
 諸外国の陪審制度・参審制度の概要(12KB)
資料6−1
 平成15年裁判員制度対象事件の審理期間と開廷回数(8KB)
資料6−2
 平成15年裁判員制度対象事件の審理期間別終局事件数(11KB)
資料6−3
 平成15年裁判員制度対象事件の開廷回数別終局事件数(13KB)
資料6−4
 平成15年裁判員制度対象事件の地方裁判所管内別終局事件数(12KB)
資料7
 裁判員制度施行までのスケジュールのイメージ(26KB)
資料8−1
平成16年度裁判員制度広報のアイデア

  1.既に実施したもの
    ・最高裁ホームページの改修
     最高裁ホームページ上に「裁判員制度」のコーナーを設置
    ・リーフレットの作成
     簡単なリーフレットを作成→来庁者に配布
    ・ポスター提示
     裁判員制度のポスターを15万部作成→各地の裁判所に掲示,地方公共団体・大学・高校・図書館に掲示依頼

  2.今後実施を検討しているもの
    ・裁判所広報誌「司法の窓」裁判員制度特集号の発行
     9月下旬を目途に,裁判員制度を特集する増刊号を発行
    ・リーフレットの作成
     より詳細なリーフレットの作成を検討中
    ・ビデオの作成
     手続概要を内容とする15分程度のビデオの作成を検討中
資料8−2
平成17年度裁判員制度広報のアイデア
  ・広報用ビデオの作成
  ・裁判所広報誌「司法の窓」裁判員制度特集号の発行
  ・裁判員制度の専用ホームページの設置
  ・インターネットバナー広告の実施
  ・テレビのスポット放映(政府広報枠の利用を検討)
  ・新聞・雑誌等による広告
  ・イメージキャラクターの作成
  ・タウンミーティングの開催
  ・裁判官等による出張講演会
  ・大型広告モニターの設置
資料9
 「裁判員制度」広報に関する検討の態勢(32KB)
資料10
 国民の裁判員制度に対する意識(75KB)

1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 次へ