裁判員候補者であることを公にすることは法律上禁止されていますので,ご注意ください

トップページ > トピックス > 裁判員候補者であることを公にすることは法律上禁止されていますので,ご注意ください

  •  裁判員候補者になられた方への接触や働きかけを防ぎ,裁判員候補者自身のプライバシーや生活の平穏を保護するため,裁判員候補者であることを公にすることは,法律上禁止されています(裁判員法101条1項前段)ので,ご注意ください。
  •  「公にする」とは,インターネット上のホームページ,ブログ及びSNS等で公表するなど,裁判員候補者であることを不特定多数の人が知ることのできる状態にすることをいいます。
     他人による場合だけでなく,裁判員候補者自らが,自己の氏名が明らかとなっている状態の名簿記載通知の写真をインターネット上に掲載するなどの行為も,「公にする」ことにあたりますのでご注意ください。
     また,裁判員候補者本人の同意がある場合でも,第三者が公表することも禁止されています。
     なお,休暇を取ったり,相談をしたりするために会社の上司や同僚,家族に話をし,書類を見せることは問題ありません。
  •  裁判所にお越しいただき選任手続に参加されたものの,くじ等により裁判員に選ばれなかった裁判員候補者の方については,裁判員候補者名簿から除かれ,同じ年に別の事件の裁判員候補者に選ばれることはありませんので,本人の同意があれば,裁判員候補者であったことを公にしても問題ありません。
     一方,裁判所にお越しいただき選任手続に参加された場合であっても,辞退が認められた方については,裁判員候補者名簿から除かれず,同じ年に別の事件の裁判員候補者に選ばれる可能性がありますので,本人の同意があっても,裁判員候補者であることを公にすることは禁止されています(選任手続期日に先立って,事前に辞退が認められた方も同様です。)。
  •  なお,裁判員や補充裁判員であることを公にすることも法律上禁止されています。詳しくは「裁判員や補充裁判員であることを公にすることは法律上禁止されていますので,ご注意ください」をご覧ください。
  1. トピックス
    1. 裁判員候補者であることを公にすることは法律上禁止されていますので,ご注意ください
    2. 11月16日,裁判員候補者名簿に登録された方に名簿記載通知を発送します。(2020.11)
    3. 裁判所を騙った不審な電話等にご注意ください。(2020.11)
    4. 裁判員制度10周年記念シンポジウムについて
    5. 裁判員制度10周年ポスターについて
    6. 裁判員や補充裁判員であることを公にすることは法律上禁止されていますので,ご注意ください
    7. 平成21年5月21日,裁判員制度実施記念講演会を開催しました
    8. 平成21年5月21日,裁判員制度が始まりました(2009.5)
    9. 具体的な事件の裁判員候補者に選ばれた方にお送りする書類等の全体イメージ(モデル例)をお知らせします
    10. 具体的な事件の裁判員候補者の方にお送りする書類等について
    11. 平成21年5月21日から裁判員制度が始まります!(2008.4)
    12. 映画「裁判員~選ばれ,そして見えてきたもの~」の披露試写会を行いました(2007.4)
    13. 映画「評議」の披露試写会を行いました(2006.4)
    14. 国民が参加しやすい刑事裁判の実現に向けて(2005年11月)
    15. キャッチフレーズ(2005.9.1選定)
    16. 「法曹三者模擬裁判」の実施について
    17. 裁判員裁判における新型コロナウイルス感染症への対応について
    18. 政府広報ラジオ番組での紹介
    19. 裁判員候補者専用コールセンターをご利用される方へ