裁判員裁判の実施状況
 ~経験者の声もお知らせします~

トップページ > トピックス > 裁判員裁判の実施状況 ~経験者の声もお知らせします~

平成21年5月21日にスタートした『裁判員制度』は,国民のみなさまの積極的なご協力に支えられ,10年目を迎えることができました。
 これまで,約8万人の方々が裁判員・補充裁判員を経験されています。裁判員制度のこれまでの実施状況や,経験者のみなさまの声をご紹介します!

実際に裁判を経験された方は,どのように感じられたのでしょうか?

責任のある事でしたが,とてもいい経験になったと思います。今後,誰か同じように候補者で選ばれて「不安だ」と聞いたら,「きっといい経験になるよ」と背中を押して伝えられると感じました。
(20代,女性,自営・自由業)

会社の上司からも「よい経験になる」とバックアップを頂き,普段ではできない経験をすることができました。
(50代,男性,お勤め)

一般市民が1つの事件に向き合い,さまざまな意見,感想を言い合うことは,いい社会をつくっていく1つの方法だと思った。子供はまだ小さいが,いつか経験させたい。
(40代,女性,パート・アルバイト)

6人の裁判員は,凝縮された時間を一緒に過ごす中で,ある種の連帯感を感じながら,それぞれの背負ってきた人生が反映された意見を十分に言えたと思います。
(60代,男性,無職)

裁判員に選ばれる前と後での気持ちの変化は?

図版:裁判員に選ばれる前の気持ちの円グラフと裁判員として裁判に参加した感想の円グラフ

選ばれる前に「(積極的に)やってみたい」と思っていた方は33.8%でしたが,参加後には95.7%の方が「(非常に)よい経験」と感じられており,充実感をもって職務に従事していただけたことがうかがえます。

裁判って,難しくないの?

円グラフ:審理内容のわかりやすさ

円グラフ:評議における議論の充実度

審理内容については63.7%の方が「わかりやすかった」,評議における議論の充実度については73.7%の方が「十分に議論ができた」と感じられています。

わかりやすい説明で安心しました。法律のことはあまりわからないのですが,不安なく裁判員を続けることができました。
(60代,女性,パート・アルバイト)

十分な説明の後で考える時間があり,全員の意見を聴いていただき,消化不良のない,よい評議だったと思います。
(40代,男性,お勤め)

裁判員裁判に関するデータはこちら

円グラフ:裁判員を経験された方のご年齢-20代13.7%、30代-20.8%、40代23.5%、50代-19.8%、60代-18.4%、70裁以上2.0%

円グラフ:裁判員を経験された方のご職業は、お勤め56.0%、パートアルバイト15.3%、専業主婦・主夫9.4%、自営・自由業6.9%、学生・無職・その他10.2%

裁判員裁判を経験された方は81,093人!さまざまな年代,ご職業の方に参加いただいています。
裁判員として,裁判手続に参加する日数の平均は,約5.7日です。

裁判員制度について,もっと詳しく知りたい方はこちらへ

最高裁判所の裁判員制度ウェブサイトでは,裁判員制度に関するいろいろな情報や,裁判員裁判の開廷情報へのリンクなどを掲載しています。
コンテンツの一部をご紹介いたします。

動画配信「裁判員に選ばれるまで,選ばれてから」
選任手続の説明を中心に,裁判員裁判について,コンパクトにまとめた映像です(約15分)

パンフレット「よくわかる!裁判員制度Q&A」
まんがで楽しくわかりやすく裁判員制度について説明してあります。

各地の裁判員制度関連情報
皆さんがお住いの地域で行われている裁判員裁判の開廷情報や,裁判員制度に関する広報行事などを掲載しています。